2017年2月6日月曜日

古代中国 よみがえる伝説 全3回




にほんブログ村 動画紹介ブログへ
解説
『曹操と孔明~乱世の英雄 知られざる素顔~』
考古学の発掘ラッシュで、古代中国を彩る英雄たちの伝説が、新たな歴史の真実としてよみがえろうとしている。3回シリーズの第1集は、奸臣・曹操に悲劇の名軍師・諸葛孔明が挑む三国志の物語。実は私たちが知るエピソードの多くは、後の時代に脚色された物語にすぎない。ところが曹操墓が発見され、遺骨などの映像が外国メディアに初めて公開された。曹操と孔明の知られざる実像に迫る。旅人は中国史が人生の指南役と語る吉川晃司


『項羽と劉邦 ~王者の条件~』
古代中国の英雄たちの実像を探るシリーズ第二集。紀元前3世紀、始皇帝亡きあとすい星のように現れた項羽と劉邦。二人は覇権をかけて激突する。項羽は不敗を誇った軍事の天才。しかし最後に勝利したのは劉邦だった。垓下の戦いで劉邦の大軍に囲まれ「四面楚歌」となった項羽は、自ら死を選ぶ。近年、劉邦の軍団の兵馬俑が発掘され、その強さの秘密が明らかになりつつある。二人の意外な実像から王者となるためには何が必要かを探る



『司馬遷と武帝 ~史記 誕生秘話~』
古代中国の英雄たちの実像を描くシリーズ第3集は、歴史家と独裁者の対決をたどる。司馬遷の著した「史記」は、時の権力者・漢の武帝と対じする中で生み出された。武帝の判断をただ一人誤っていると指摘した司馬遷は、屈辱的な刑を受けながら「史記」を書き上げるのである。近年各地で、歴史を記録した竹簡が多数出土。「史記」と対比すると司馬遷の意図が明らかになるという。考古学の新発見などから不朽の歴史書誕生の謎に迫る。



第一回『曹操と孔明~乱世の英雄 知られざる素顔~』
第二回『項羽と劉邦 ~王者の条件~』
第三回『司馬遷と武帝 ~史記 誕生秘話~』



0 件のコメント:

コメントを投稿